車の買取をする前に知っておきたいこと

車買取ではほんの少しの知識の差が、最終的な金額に大きな影響を与えるので売りに出す前には知っておきたいいくつかのことがあります。価格を決めるもっとも重要な交渉をする上でしておく必要のあることしては、即決をしないということと希望額を言わないというものがあります。このふたつは交渉をする上で絶対に抑えておきたいポイントになり、知っているのといないのとでは大きな差が出てしまうことになります。知っていたとしても相手の言葉巧みなリードでつい即決をしてしまったり、希望額を言ってしまいそうになるということがありますから、なぜこのようなことをしてはいけないのかということを理解した上で、交渉に挑めば百戦錬磨のプロ相手にも対等に交渉をすることができるようになります。

即決をしてしまうのは絶対に損なこと

車を買取に出そうとして査定を受けている時に必ずと行っていいほどあるやりとりとして、今売ってくれれば高く買うというものがあります。このような話を聞くと今のチャンスを逃すと高く売ることができなくなってしまうのではと不安になってしまうものですが、この誘いに乗るとほぼ必ず損をしてしまうことになるので注意が必要です。業者側は利益を上げるためには、何が何でも買い取ってしまいたいと考えているわけでそのためにはとにかく早く交渉をまとめる必要があります。時間をかければ他社と比較をして、どんどん金額が高くなっていくので今なら高く買うという比較の時間を与えずに買い取ってしまおうという寸法です。そして、提示してくる金額も特別高い金額ではなく下手をすれば相場以下ということも多いので、即決は禁物ということになります。

希望額を言ってしまうと不利になる

即決と同じように必ずあるやりとりとして、希望額を聞いてくるというものがありますがこちらも余程の相場観がある人でもなければ、告げることによって不利となってしまいます。希望額を尋ねることで相場観をはかり、どのぐらいの金額で買うことができそうか相手は判断しているので下手な金額を言ってしまうと損をしてしまいます。相場が100万円ぐらいのものを80万円で売れれば良いと言ってしまえば、相手もそのぐらいの金額で買い取ろうとしてきますし、90万円で買ってもまだお釣りがきますから相手の希望額よりも少し高めの金額を提示してさっさと買い取ってしまおうとしてくることもあります。逆に相場よりもはるかに高い金額を言ってしまうと、相場観がないことを見透かされてしまってやはり相手のペースで交渉が進んでしまうので下手に希望額を言ってしまうのは不利になってしまうだけとなります。