サイズが重要なオリジナルメダル

   

胸に輝くオリジナルメダルは、とてもきれいです。様々な種類のタイプを見たことがあるでしょう。
Sサイズのメダルは直径約45ミリ以下のタイプです。小ぶりなタイプなので、たくさんの人が参加するスポーツ大会などで良く利用されます。チーム戦などでみんなに授与したいとき、三位以下の人にも平等に参加賞を渡したいときなどに使われます。
Mサイズのメダルは直径約65ミリ以下のタイプです。Sサイズよりは存在感があり、手ごろな大きさです。標準的な大きさで表彰式で活躍するサイズです。
Lサイズのメダルは直径約66ミリ以上のタイプで、首からかけてもかなり目立つ大きめのメダルです。複雑で美しい彫刻も刻印しやすいですし、名前を入れたりするオリジナルのメダルも作りやすい大きさです。自分たちでデザインを制作できるオリジナルタイプもあります。大きさやカタチも様々です。

制作の手順

インターネット上で制作できる会社でメダルを発注した場合、まずサイトに出ている色々な情報をチェックすることから始めます。
メダルの大きさ、重量、使用している材質が記載されています。どのサイズのどの図柄を選ぶか決めていきます。スポーツ大会などなら、球技をしている人のモチーフなどが刻印されているタイプも良いです。また大会名を刻印できるようスペースが多く取られていて、元々の彫刻は少なめのものあります。
次に、文字を入れるかどうか検討します。文字を入れない場合、既製品扱いになるので比較的すぐ発送されますがオリジナル感は薄くなります。文字を入れるなら、入稿データを準備します。大会名、日付などの文字を間違いなく入れるため、文字データを準備する必要があります。
会社によっては、文字が入れられるタイプに制限があります。自分が選んだものには文字入れ可能かどうか、よくチェックします。

その他のポイント

デザインをしっかりチェックした後は、数量や郵送費、ある程度の納期を確認して発注します。あとは納品を待つだけです。
会社によっては、支払いのあと商品を郵送するものもあります。100個以上同じものを注文することで、表示されているものよりさらに割引ができることもあります。支払い方法や、よくある質問のページをチェックしておくと役立ちます。
納期も、最初に発注する際にある程度の日付はわかります。時間に余裕をもって発注すると、万が一返送などの手続きが必要でも安心です。

ピックアップ記事

オリジナルメダルの材質

オリジナルメダルには様々な材質があります。首からかけた時に、光に反射して美しく映えるものが多いです。例えば、メダルの材質部にアンチモニーと書かれているものがあります。これは、アンチモンと鉛やすずといっ...

思い出深いオリジナルメダルを作るには

メダルにはスポーツ大会でもらうもの、スピーチコンテストなどで頂くタイプなど、様々なものがあります。自分がもらったメダルの中で、どんなものをもらったとき心に残ったでしょうか。例えば、参加した大会や表彰式...

サイズが重要なオリジナルメダル

胸に輝くオリジナルメダルは、とてもきれいです。様々な種類のタイプを見たことがあるでしょう。Sサイズのメダルは直径約45ミリ以下のタイプです。小ぶりなタイプなので、たくさんの人が参加するスポーツ大会など...

オリジナルメダルを作りたい

オリジナルメダルは様々な場で利用されます。すぐに思い浮かぶのはスポーツ大会です。金、銀、銅メダルを首にかけてもらえ、記念として残ります。一方でたくさんの人が参加するスポーツ大会では、表彰されるのはわず...