語学学校選びの基準
2017.07.26

きれいな女性語学留学に行くことを決意した時、真っ先に決めなければいけない大切な事。それは、どこの国に留学するか、そしてどこの語学学校に通うかということです。特に、自分の目的に合った語学学校を選ぶことは、外国語を上達させるための大きなポイントとなります。では、語学学校はどのような事を基準にして選べばよいのでしょうか?
まず、語学学校のその規模の大きさはさまざまです。小さな学校では数十人ほど、大きな学校では数百人規模の生徒が在籍しています。小規模な学校ほど、専門の分野やコースに特化していることが多く、クラスメイト一人一人との深い交流が期待できそうです。一方、大規模な学校では、たくさんの生徒や先生との出会いがあり、広い視野を持つことができるでしょう。
また、その語学学校の生徒数の中で日本人が占める割合も様々です。必然的に、日本人が少ない学校であれば外国語を話す機会がより多く、日本人が多い学校であれば日本語を話す機会が多くなりますので、どっぷりと外国語だけの環境に浸かりたいのであれば、日本人が少ない学校を選ぶことをおすすめします。選ぶコースやクラスなどにもよりますので、事前に良くリサーチしておきたいポイントですね。
つぎに、サポート体制の面です。語学学校によっては、現地の講師の他に日本人スタッフが在中しており、授業面や生活面での悩みを日本語で相談できる体制が整っています。慣れない海外での生活に不安が大きい方は、そのような学校を選ぶと安心かもしれません。逆に、現地の言葉を無理にでも話さなくてはコミュニケーションが取れないような、自分を厳しい環境に置きたい!という方には、日本人スタッフのいない学校を選ぶ方がプラスに働くでしょう。
その他、選ぶ学校によって授業の内容や、一コマあたりの費用もそれぞれです。グループレッスン、マンツーマンレッスンの割合も学校によって違いますし、寮での生活環境や食事面、学校へのアクセス等も重要な検討材料になりますよね。色々な情報を総合的に判断して、自分に一番合っていると思える語学学校を選びたいですね。
そして、やはり一番大切なのは、留学中に実際にどれだけ現地の言葉を使って会話をしたか、予習復習などをして授業の内容を身に付けようとしたか、という、置かれた環境を最大限生かそうとする努力が、語学の上達に繋がるようです。あなたにぴったりの語学学校を選んで、現地での時間を実りあるものにしてくださいね!

▲ ページトップへ